いななき研究所

競馬の予想や話題の考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念予想

◎オペラシチー
○スズノマーチ
▲サイレントディール
△ブルートルネード
 マチカネメニモミヨ
 ヘヴンリーロマンス

オペラシチーの前走の目黒記念は、上がりの掛かる展開を早めスパートで押し切って、かえってジリ脚イメージを定着させた感がありますが、いずれにせよ期待の素質馬が重賞制覇。ステイヤー色が濃く、距離は多少忙しくとも、ここは連軸期待。

エリモハリアーは前走こそ強くとも、信頼には足らず。ダンスインザムードは明らかに不調。

これよりは着実に地力強化しているスズノマーチ、やや下降気配も見限れないサイレントディールに妙味あり。
スポンサーサイト

函館記念

グランリーオを狙います。前走は不良馬場が敗因。2000mは若干長いのと、56キロがネックだが、その前のフリーウェイSとエプソムCが強かったのと、小回りを先行する強みが魅力です。

2歳戦は、出走馬の父馬を見るのが楽しみになりました。新種牡馬は、やっぱりアグネスタキオンクロフネ産駒は、ここまでを見る限り走りそうですね。

先週だったか、テイエムオペラオー産駒が上位3位までを独占するという事件がありました。競争成績は文句なしですが、血統的バックボーンの薄い同馬は、種牡馬としての期待度はやや低めでしたが、もしかすると種牡馬としても怪物ぶりを発揮してくれるのかもしれません。サンデー系とは違う血脈というのも、血の停滞を防ぐ意味でも魅力です。

今日明日のレース

今日のメインは青函Sですが、11頭中7頭が条件戦からの格上挑戦。またタニノマティーニは昇級戦ということで、オープンで走っていた馬はたった3頭。これではむしろ条件戦にオープン馬が混じる、といったほうがただしいようです。基本的にオープンのレースしか手を出さないので、レース名どおり静観(青函)します。明日の函館記念に尽力しますか。

ウイングランツは、51キロの軽ハンデでダイヤモンドS激走したのですが、その後2戦を見ると、まともに重賞で勝負になる力をつけたのだなと、パワーアップを認めざるをえません。ただし典型的なステイヤーの同馬に、小回り2000mは忙しいという気がします。

関連の強い巴賞が波乱となっただけに難解になっていますね。

小倉3冠馬誕生!!

馬券は見事なほどに完敗。ぐうの音も出ません。メイショウカイドウの‘小倉3冠’達成となりました。もうお見事としかいいようがありません。小倉はもうこの馬の独壇場だね。

NSTオープンはフルゲート18頭で、どこを通るかがポイントとなると見ていましたが、明らかに内の馬しか伸びていない。これは開幕週なのだから当然の傾向のはずです。ペース自体は速かったので、前が止まらないというわけではないですが、コース取りがポイントだったようです。

ラチ沿いを走っていた馬を、前から列挙すればこうなります。
ロイヤルキャンサー(逃げ馬、2着)→ネイティヴハート(8着)→マルターズホーク(3着)→ウインラディウス(勝ち馬)→イシノミューズ(5着)という具合です。

逆に外を通って1番の伸びは4着のマヤノシャドーでしょう。次走は叩き2戦目で狙い目と見ます。また人気のゴールデンキャストマイネルソロモンは外を回らされたクチ。騎乗が雑でした。

北九州記念予想

チアズメッセージ
ヴィータローザ
サイドワインダー
ツルマルヨカニセエリモマキシム

上がり34.0で大外一気で2着したダービー卿CTが強かったチアズメッセージ。前走は56キロだし、インを通った馬では1番の踏ん張り。開幕週の小回りで3番枠は強みで、器用さもいきる。

メイショウカイドウが小倉で強いのは重々承知も、小倉3冠という記録達成をそうやすやすといくだろうか・・・・・・。うがってかかります。もう準3冠馬にはなっているんだから勘弁して。

伏兵馬は順調さないですね。ということは上位決着とみていいんではないでしょうか。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。